<子ども花塾>「知る」体験が可能性の扉を開く お一人お一人に合ったご支援で豊かなお花時間♪ハートのリースに込められた想い

初めから、ハッと気づかされることばかりでした。

「〇才のお子さんでしたら、
こちらの工程はできるでしょうか?」

私が児童発達事業所の職員さんへ
何気なく投げかけた質問です。

年齢で分けてないんですよ。
そんな風に優しく教えて頂きました。

まず「知る」ことが大切で
知って経験して自信を持ってほしいと
お一人お一人の可能性を
太陽のように見守ってみえるお言葉に

自分の恥ずかしさと
温かさで胸がいっぱいになりました。

0から教えていただく気持ちで
飛び込ませていただいています!

そんな私の気づきが
どなたかの何かひらめきや発見
もし繋がりましたら幸いです♪

お互いに歩み寄って
ひとつずつ知っていって
笑顔で楽しく
そんな風に豊かに過ごせたら
嬉しいですね

そのための一歩です^^

レッスンが始まると
プリザーブドフラワーの色を選んで
お花の柔らかい質感や

工務店様よりご提供いただいた
カンナくずのリボンを
小さなおて手でくっつけました

木の香りとふわふわの感触を
お楽しみいただきました♪

あれ?かくれんぼ♪

ここだよー♪

 

こうして「知る」体験が
お一人お一人の豊かな可能性の
扉を開いていくんですね

ご支援者様、工務店様、
保護者様、施設様、講師
想いの重なるハートリース
子どもさん方の手で
ふわふわに仕上げていただきました♡

子どもの笑顔はかけがえのない
ものですね^^

お子さんの笑顔が
お母さん、ご家族の笑顔に
そして心豊かな社会へ
笑顔の循環となりますように

 

今回は「知って、学んで、考え・行動する」
愛知県碧南市 児童発達支援事業所 ぷちま~る様の
子どもたちへ花塾をお届けいたしました。

引き続き、心を込めて
「子ども花塾」をお届けして参ります

 

PAGE TOP